トップページ > お知らせ一覧 > 「中華全国青年連合会」の代表団と交流

お知らせ一覧

2018/07/22宮城

「中華全国青年連合会」の代表団と交流

「日中平和友好条約締結40周年」を記念して、「中華全国青年連合会(全青連)」の代表団を宮城に迎え、様々な交流行事が行われた。

22日には、東北文化会館にて、「文化交流会」(主催=東北創価学会青年部、宮城華僑華人連合会、後援=中国駐新潟総領事館)が盛大に開催。

集いは、宮城の青葉少年少女合唱団の「桜花の縁」で開幕。日本語と中国語での合唱に大きな拍手が送られた。
日中それぞれの文化演目では、宮城華僑華人連合会の有志が、中国伝統の華麗な舞踊や楽器の演奏を披露。
津軽三味線奏者の葛西頼之さんが、圧巻のばちさばきで観客を沸かせた。
続いて、青森ねぶた祭の踊り手「跳人(はねと)」たちが登場。かけ声に合わせて、参加者全員で踊り、場内は喜びの渦に。
全青連代表団は、東北の友との友誼の思いを込めて「北国の春」を歌った。
盛島東北長、中国駐新潟総領事館の劉宏副総領事、宮城華僑華人連合会の候殿昌会長、全青連の皮鈞団長があいさつした。

日中友好を願う心が1つになった文化交流会。参加者全員で中国の歌「朋友」を歌い、友情を深め合った。

日中友好を願う心が1つになった文化交流会。参加者全員で中国の歌「朋友」を歌い、友情を深め合った。

東北大学では、かつて魯迅の学んだ階段教室を見学

東北大学では、かつて魯迅の学んだ階段教室を見学

東日本大震災の折、地域の避難所となった若林平和会館では、しなの合唱団による「希望の絆コンサート」に参加。宝の未来部が盛大に歓迎した。

東日本大震災の折、地域の避難所となった若林平和会館では、しなの合唱団による「希望の絆コンサート」に参加。宝の未来部が盛大に歓迎した。

石巻では、「がんばろう!石巻」の看板を建てた黒沢さんから当時の様子を伺い、献花を行った。

石巻では、「がんばろう!石巻」の看板を建てた黒沢さんから当時の様子を伺い、献花を行った。

日中友誼庭園では、世世代代の友好を願い「日中青年友誼桜」の植樹が行われた。

日中友誼庭園では、世世代代の友好を願い「日中青年友誼桜」の植樹が行われた。

東北福光みらい館の見学を通し、東北の同志の不撓不屈の精神を学んだ。

東北福光みらい館の見学を通し、東北の同志の不撓不屈の精神を学んだ。

仙台市博物館にある「魯迅碑」の前で。日中の青年が友好を誓い合い、献花を行った。

仙台市博物館にある「魯迅碑」の前で。日中の青年が友好を誓い合い、献花を行った。

←TOPに戻る

←お知らせ一覧に戻る