トップページ > お知らせ一覧 > 福島・双葉会館が新生の開館

お知らせ一覧

2018/07/01福島

福島・双葉会館が新生の開館

福島・富岡町に立つ双葉会館が1日、“新生”の意義を込めて開館した。
東日本大震災による東京電力福島第一原発事後の影響で、閉館を余儀なくされていた同会館。
帰還困難区域を除く同町の避難指示が解除されてから1年3ヶ月に当たり、改装を経て、再び広布の法城として使用していくこととなった。
池田大作先生は祝福のメッセージを贈り、平和と文化と幸福と友情の大城・双葉会館を拠点として、一人一人が満々たる福智を輝かせ、現世安穏・後生善処の人生をと望んだ。

福島・双葉会館が新生の開館

新生「双葉会館」に集った新世紀圏の同志らが笑顔で。震災以来、初めて同会館に掲揚された三色旗が青空に映える

←TOPに戻る

←お知らせ一覧に戻る