トップページ > お知らせ一覧 > 首都圏フェニックス大会

お知らせ一覧

2018/04/15東京

首都圏フェニックス大会

「うつくしまフェニックスグループ」(原発事故等の影響で福島県内外に避難した友)の首都圏大会が15日、東京・信濃町の広宣会館で開かれた。

歌あり、笑いあり、涙あり、そして師との誓いあり――福島家族の心は、いつも一つだ。
8回目の大会では、吉田泰典さん・正子さん夫妻、立川正恵さん・強太さん親子が活動報告し、
感動が広がった。
また、福島に寄り添い続けてきた音楽隊の「しなの合唱団」も出演し、友に希望の歌声を贈った。

東京で生活を送る友が、参加者の心を代弁していた。
「今日のこの日をまた『出発の日』として確かめ合い、スタートできる幸せをかみしめています」

懐かしい同志が登壇し、会合で繰り広げられる笑顔と涙、そして感動が、友の胸に宿る「負げでたまっか!」の誓いを深めた。
“フェニックス”の友は、“創価家族”の元から、新たな自分史を開く“明日”へと出発を切った。

首都圏フェニックス大会

←TOPに戻る

←お知らせ一覧に戻る